Top >

Debian

Debian 

debian.png
Debian関連のメモ。

Contents

  1. Debian 7.0(wheezy)
    1. LightDMやSlimのデフォルトで起動するWindow Managerを変更する
    2. Acrobat Reader
    3. apt関連の設定
  2. Debian 6.0(squeeze)
    1. Caps LockキーをCtrlキーにする
    2. 有線LAN(DHCP)の設定
    3. 無線LAN(DHCP)の設定
    4. multimediaパッケージの利用
    5. backportsパッケージの利用
    6. その他
  3. Debian 5.0(lenny)
    1. 雑多な事
      1. Beep音を消す
      2. Caps LockをCtrlにする
      3. デフォルトのロケールをCにする
      4. LAN側のネットワークインターフェースを起動
      5. netselect-aptでミラーサーバーを設定

Debian 7.0(wheezy)

LightDMやSlimのデフォルトで起動するWindow Managerを変更する

~/.xsessionにて起動したいWindowManagerをexecするだけ。

~/.xsession
exec awesome

Acrobat Reader

64bit環境でAcrobat Readerをインストールするにはひと手間必要だった。

とりあえずsource.listへ以下を追加

/etc/apt/source.list
...
deb http://www.deb-multimedia.org wheezy main non-free
...

i386を有効にしてacroreadをインストール

# dpkg --add-architecture i386
# aptitude update
# aptitude install acroread:i386

起動時に色々とワーニングが出るので追加で以下もインストール

# aptitude install gtk2-engines:i386
# aptitude install libcanberra-gtk0:i386

apt関連の設定

現状のsource.list。

  • 基本Wheezyで一部Jessieを使う
  • JavaはOracle
/etc/apt/source.list
# Wheezy
deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ wheezy main contrib non-free
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ wheezy main contrib non-free

deb http://security.debian.org/ wheezy/updates main contrib non-free
deb-src http://security.debian.org/ wheezy/updates main contrib non-free

deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ wheezy-updates main contrib non-free
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ wheezy-updates main contrib non-free

deb http://www.deb-multimedia.org wheezy main non-free

deb http://http.debian.net/debian/ wheezy-backports main contrib non-free
deb http://ppa.launchpad.net/webupd8team/java/ubuntu precise main
deb-src http://ppa.launchpad.net/webupd8team/java/ubuntu precise main

# Jessie
deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ jessie main contrib non-free
/etc/apt/preferences
Explanation: Uninstall or do not install any Debian-originated
Explanation: package versions other than those in the stable distro
Package: *
Pin: release a=stable
Pin-Priority: 900

Package: *
Pin: release o=Debian
Pin-Priority: -10

Debian 6.0(squeeze)

ちょっと試しにDebian(squeeze)を余っているノートPCにインストールしてみた。
多分Debianをサーバー用途以外で使うのは初めて。

Caps LockキーをCtrlキーにする

/etc/default/keyboard
XKBMODEL="pc105"
XKBLAYOUT="jp"
XKBVARIANT="106"
XKBOPTIONS="ctrl:nocaps"

consoleとXの設定が一箇所で済むのは楽で良い。
設定が標準とは異なってしまうのと利便性とのトレードオフ。

有線LAN(DHCP)の設定

/etc/network/interfaces
allow-hotplug eth0
iface eth0 inet dhcp

起動

# ifup eth0

無線LAN(DHCP)の設定

# wpa_passphrase <essid> <passphrase> > /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
# chmod 600 /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

せっかく暗号化?してくれてるので余計な行は削除する。

/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
network={
    ssid="my-ssid"
    psk=xxxxxxxxxx
}
/etc/network/interfaces
iface wlan0 inet dhcp
    wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

起動

# ifup wlan0

multimediaパッケージの利用

acroreadなどをインストールするためmultimediaパッケージを利用する。

以下を追加

/etc/apt/source.list
deb http://www.deb-multimedia.org squeeze main non-free
deb-src http://www.deb-multimedia.org squeeze main

backportsパッケージの利用

backportsを利用すると、stable環境向けにビルドされたtestingやunstableのパッケージをインストールできる。

以下を追加

/etc/apt/source.list
...
deb http://backports.debian.org/debian-backports squeeze-backports main contrib non-free

更新

# aptitude update

backportしたいものは、-tオプションでsqueeze-backportsを指定してインストールする

# aptitude -t squeeze-backports install ibus-mozc

その他

  • firmware-linux-nonfree
    ATIでDirect Renderingを有効にするのに必要。
  • flashplugin-nonfree
    gtk-gnashがCPUを食うので...

Debian 5.0(lenny)

Debian 5.0(lenny)に関するメモ。
主にサーバー構築関連。

ファイヤーウォール(iptables)
無防備のまま作業するのは気持ち悪いので、lennyのインストールが完了したらまずiptablesを設定。IPマスカレードも行う。
雑多な事
作業しやすい様に環境を整える。
DNSサーバー(djbdns)
LAN内のドメインを管理するDNSとドメイン情報をキャッシュするDNSを立てる。
DHCPサーバー(dhcpd)
次にDHCPサーバーを立てる。これでLAN側のマシンがネットに接続可能な環境が整う。
SSHサーバー(sshd)
以後、メインマシンからssh接続して操作したいのでsshdを起動。
Webサーバー(apache2)
Webサーバーを構築。正直、apache2のページは手抜きです。

雑多な事

Beep音を消す

/etc/inputrc
set bell-style none

Caps LockをCtrlにする

/etc/console-tools/remap
s/keycode  58 = Caps_Lock/keycode  58 = Control/;

を設定したのち、

# /etc/init.d/console-screen.sh start

デフォルトのロケールをCにする

/etc/default/localeのLANGをコメントアウト

LAN側のネットワークインターフェースを起動

/etc/network/interfaces
allow-hotplug eth1
iface eth1 inet static
      address 192.168.0.1
      netmask 255.255.255.0

したのち、

# ifup eth1

で起動

netselect-aptでミラーサーバーを設定

いくつかのパッケージのインストールにてダウンロードエラーになるので、
ミラーサーバーを変更するためnetselect-aptにてsource.listを作成。

# netselect-apt stable

これで生成されたsource.listを/etc/apt/source.listに置き換えれば良い。

念のためlennyインストール直後のsource.listを確認してみると、
各エントリが、stableではなくsqueezになってた。だからエラーになってたみたい…って…え?