Top > Memo >

X.Org 1.9にアップグレード on Gentoo

Sun May 29 08:08:40 UTC 2011 Sun May 29 08:08:40 UTC 2011

やっと正しいキーボード設定の仕方がわかったので、X.Orgを1.9にアップグレードした。

まず、/etc/make.conf

VIDEO_CARDS="radeon"
INPUT_DEVICES="evdev"

今まで、INPUT_DEVICESにはkeyboardやmouseを指定してきたが、すべてevdevにお任せする。

以前、maskしておいた設定を削除。
/etc/portage/package.mask

#>=x11-base/xorg-server-1.9.0

関連するドライバもemergeしなおす必要があるので、要らなくなるものもある事を考慮し一旦削除する。

# qlist -I -C x11-drivers/
x11-drivers/xf86-input-evdev
x11-drivers/xf86-input-keyboard
x11-drivers/xf86-input-mouse
x11-drivers/xf86-video-ati
# emerge --unmerge xf86-input-evdev xf86-input-keyboard xf86-input-mouse xf86-video-ati

xorg-serverをemergeする。関連するドライバもインストールされる。

# emerge -auvND xorg-server

xorg.confは削除し、xorg.conf.dで必要なものだけ設定する様にする。

# cd /etc/X11
# mv xorg.conf xorg.conf.back
# mkdir /etc/X11/xorg.conf.d

キーボードの設定は、ここなどを参考に10-keyboard.confを作成し、

# cd /etc/X11/xorg.conf.d
# touch 10-keyboard.conf

/usr/share/X11/xorg.conf.d/10-evdev.confからキーボード設定のSectionをコピー、追加の設定を記述する。

/etc/X11/xorg.conf.d/10-keyboard.conf

Section "InputClass"
        Identifier "evdev keyboard catchall"
        MatchIsKeyboard "on"
        MatchDevicePath "/dev/input/event*"
        Driver "evdev"
	Option "XkbModel" "jp106"
	Option "XkbLayout" "jp"
   	Option "XkbOptions" "ctrl:nocaps"
EndSection

あとは、Xを再起動して動作確認できればOK。

xorg-serverのバージョンを変更したときは、関連するドライバもリビルドするのがポイント。
いつも忘れて、痛いことになるのでいい加減覚えよう…